Home 暗号プロセッサ OpenICF3

QEMU版

QEMU版 使い方

大きなマウスカールにする

ログインするとマウスカーソルが消えてしまう場合があります。普通のマウスカーソルは見えない仕様?のためです。 マウスカーソルが見えない場合でも、次のように設定することでマウスカーソルを大きなものにすることができます。

Shift+Alt+Sキーを同時に押すをステータストレイが右下に出ます。そこでユーザー補助機能を選択して、大きいマウスカーソルにします。 Tabキーで選択、エンターキーで設定です。


デフォルトの設定ではステータストレイにユーザー補助機能がないので、ユーザー補助機能を表示するようにします。 Shift+Alt+Sキーを同時に押してステータストレイを表示させ、歯車のマークまでTabキーで選択します。 エンターキーを押して、Tabキーを押していくと、一番したに詳細設定があるので、それを選択してエンターキーを押してください。 ユーザー補助を表示させる項目が現れるので、それを選択して有効にします。